こだわりの
ジェルネイル
注意点

ジェルネイル専門店のこだわり

まず最初にジェルネイルとは、とろみのあるジェルを爪の上に載せ、専用のライトを当てて固めるという手法で行うネイルの一種です。

魅力としては、自爪との密着力が高いために浮きにくく自然な仕上がりを期待出来る上に、マニキュアを塗った時よりも長持ちするという点です。

その人の生活環境にもよりますが、ジェルネイルならば一度付ければ、二週間から四週間程は持たせる事が可能です。

そんなジャルネイルの注意点としては、密着度が高いだけに失敗した時に少し厄介であるという点です。

最近ではサロンに行かず、セルフキットという形のモノを購入し、自宅でジェルネイルに挑戦するという女性が増えています。
ですがいざ完成してみると、デザインに納得がいかず、やり直そうと強引にジェルネイルを剥がしてしまい、自爪を傷付けてしまうという人がいたりします。

確かに基本的な色付けだけをするという様な方法ならば、自力でも簡単に出来ます。
ですが凝ったネイルをしたいというのなら、やはり専門店でプロの手を借りるべきです。

ジェルネイル専門店のこだわりは、何と言ってもプロであるがゆえの確かな技術力を活かした見事なデザイン性のネイルを生み出すという点です。

素人では真似出来ない高い技術力で、お客の要望に応え、綺麗だったり可愛いネイルを作り上げて行きます。

逆に言えば、そういった素晴らしいネイルを安心安全に作り出す事こそが、専門店のこだわりであり、プロの役目だと言えます。

ジェルネイルの種類

マニキュアより持ちが良く、ソフトな仕上がりで人気のあるジェルネイルですが、ジェルネイル以外にもソフトジェルやハードジェル、カルジェル、バイオジェルといったよく似た名前がたくさんあるため、どれが良いのか分らない!という人は多いでしょう。

ジェルネイルの種類は大きく分けて二つ、ソフトジェルとハードジェルです。どちらもジェルを爪に乗せて紫外線ライトを照射して固めますが、落とし方の違いから種類分けされています。

ソフトジェルは専用液で落とすことができますが、ハードジェルは削らなくてはならず、爪への負担が大きいことから、普段使いにはオンオフの切り替えもしやすいソフトジェルが人気です。

ソフトジェルはジェルを落とす際に、専用液に浸けることからソークオフジェルとも呼ばれています。

そして、よく見聞きするカルジェルやバイオジェルというのは、数あるソフトジェルメーカーの一つです。
柔軟性に優れ、爪への負担も少ないソフトジェルは、仕事柄爪を長く伸ばせないという人や爪が弱く割れたり折れやすいという人にお勧めです。

一方で、ハードジェルは付け心地が軽く強度があるため、短い爪に長さを出したいという人にお勧めです。

また、長く伸ばしていた爪が一本だけ折れてしまったという時の応急処置にも便利ですので、用途に合わせて使い分けるのがコツです。